ひでち日記 ライビュ観てきました 忍者ブログ
NINJA
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前述の通り、21日は山吹公演大千秋楽のライブビューイングに行って来ました。
今まで見た公演を通して、3rd の山吹公演は一番好きな公演だなあと思いましたし、最新の作品をそう思えることが、本当に幸せ。ありがとう!
舞台という形で見ていて特に感じるのは、負けるチームの一生懸命さ、悔しさ、の鮮烈さです。原作漫画のコマでは、勝った青学の姿が描かれていて、それは勿論嬉しいことでワーッと感動するんですけど、その場にはやはり負けたチーム・負けた選手がいて。その瞬間のコマ割からは見切れているけれど、きっと負けた彼らはその瞬間こんな風なんだろうなっていうとてもリアルな空気を舞台で見ることができます。私はそこに、いつも感動します。
ルドルフ公演、山吹公演を通して、私は特に観月さんのがんばりとまじめさに改めて感服しています。挿入曲に(正確には2ndでメインで使われていた曲ですが)、24時間365日テニスにかける、という内容のものがあるんですけど、これはまさに観月さんだなーって。彼は調査、準備、練習、指導などチームメイトの倍以上の時間をかけて努力をしているんだと思います。クールでプライドが高く気高い彼が、なりふり構わず勝ちに行って、負けて、潔癖症なのに地面に手をついて。山吹公演ではコンソレーションが少々描かれていて、観月さんが「僕たちはまだ終わっちゃいない」とくらいつく様が伺えます。
結果、コンソレーションでは氷帝に負けてしまうわけですが、2公演を通して、観月さんはルドルフの敗退を彼なりに受け入れ、勝者への敬意を示していることを感じます。
ということで、なんていいますか、舞台で良いのは勝利の喜び・感動と、負けた悔しさを、本当に鮮烈に感じられるからだ、とこのたび改めて思ったってことでした。

きっとうちのサイトに半年振りとか1年ぶりくらいにふらっと立ち寄ってくださった方がいたら、更新履歴が「観月観月観月観月」ってなっててびっくりするだろうなと思いますが、まあこういうわけなので(笑)!

そして、メッセージありがとうございます!

>1/22 ライビュを観に行かれた方。
こちらこそ、本当にありがとう。そんな風に私が書いたものを見て、気持ちを動かして実際に行動されて、実際にうれしい体験ができたことはなんとも嬉しいです。
そう、私もいわゆる「テニミュ」観に行くの、とても敷居が高かったです! なんていうか、あまりに文化が違いすぎる感じがして。興味はあるものの、一歩踏み出せないというか。初めて観に行った時は、友達がひとりいけなくなった人がおりということで余ったチケットの分でさそっていただいてという感じだったんですが、その時のことを今でもとても感謝しています。
「一人と一人」に「君はロマン派」比較的最近のものから、とても以前のものまで、丁寧に読んでくださって、とても嬉しいです。いつも、私なりに「このキャラはきっとこんな風だ」っていろいろ考えながら(それが、とても楽しい作業なのですが)書くのですが、そういったところにヨシヨシと思って読んでいただけたら、その事がまた私は嬉しいのです。このたび、本当に嬉しいメッセージありがとうございました。
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/28 meg]
[02/28 万愛]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]